姓名判断 改名

吉数=幸運、とは限らない

 

姓名判断(画数を見て判断する名前占い)は、自分の運勢を計る手段として、比較的敷居の低い入りやすい部類の占いといえるでしょう。

 

良書を見て名前を構成している字の画数を確認し、後は主運・地運・外運・総運(流派によって名称は異なります)に書かれていることを読むだけでおおよその傾向は把握できるので分かりやすいんですね。

 

近頃では名前を入力するだけで直ぐに結果が出る無料サイトも多いですよね。

 

家族や友人知人の性格や運の良し悪しもすぐに判明しますから、占い好きの方は楽しめるのではないかと思います。

 

ただ、無料サイト等の判断結果は大まかな傾向であって、悪いことが書かれていても深刻に捉えないで頂きたいのです。

 

判断内容を読んで何となく感心する、良いことだけを信じる、この位にしておいた方が無難ではないかと考えます。

 

というのも、吉数のみで構成されている名前の方はそれほど多くいません。

 

どこかしら喜ばしくない判断内容になってしまうケースが大半です。

 

凶名であっても普通に暮らしている方も大勢いますから、よほど危機的な状況でもない限り、あまりに悪いことばかりを考え過ぎないようにして下さい。

 

しかし、画数の凶意が強く、暗示に思い当たるフシがある場合は不安になってしまうのも無理はありません。

 

姓名判断の類書には「改名をして吉数が揃った吉名にすれば災難を逃れられる」かのような表現をされています。

 

本当でしょうか?

 

確かに吉数には困難を軽減させる底力みたいなものがありますので、被害を最小限に抑える作用が働きやすいといえます。

 

吉数と凶数のどちらが良いのかを聞かれたら、やはり吉数だと答えるでしょう。

 

それでも、あなたの抱える悩みはなかなか解消できないのかもしれません。

 

吉数があるから幸運に恵まれるのではないのですか?

 

吉数が並んでいるから何のトラブルも起こらないはずですよね?

 

判断結果は悪くないはずなのに…

 

それなのに…

 

判断結果と現実との乖離、事態が一向に改善しないことへの苛立ち、漠然とした将来への不安、これらの呪縛に苦しんでおられる方も少なくないのでしょう。

 

姓名判断は改名することによって開運を実現可能にする点が最大の強みですが、どう改めれば良いのかは慎重な判断を要します。

 

改名して開運を目指したのに、改名した結果が改悪になってしまう可能性もあり得るのです。

 

じゃあ、どうすればいいの?

 

大切なのは、多少の波風はあっても、あなたに安寧をもたらしてくれる「吉名」とはどういったものかということですよね。

 

当方では、命占(四柱推命)で生まれ持った属性(宿命)を考慮し、適切な画数を選んでいきます。

 

ただ単に大吉数である、16画・24画・32画、などにしておけば幸福が約束される訳ではないのです。

 

詳細は別頁において述べさせて頂こうと思うのですが、画数については管理人自身が長年悩み続けてきた部分ですので、少々厳しい見方になるかもしれません。

 

冒頭、姓名判断は比較的敷居の低い、入りやすいと書きましたが、決して簡単な占いでは無いことは申し上げておきます。

 

場合によってはかなり深い部分も考慮しなければなりません。

 

それはもう切りが無いくらいまで細かく深く…

 

つきましては、姓名判断の様々な鑑定例を順次更新してまいります。

 

ご自分で調べた判断結果にお悩みの方、改名をご検討されている方にとって、少しでも参考になれば幸いです。

 


スポンサーリンク


 

 

 

姓名判断の各運

 

救済・姓名判断|あなたの運勢を拓くために!

  • 人運=主運

 

天運:名字の合計数ですね。天運自体には吉凶はありませんが、名前の他の部分、特に主運との関係は重要になってきます。当方では一字姓の場合、霊数を用いずに画数を出して判断します。

 

主運:姓の一番下の字と名の最初の字の合計数になります。運勢を見る上で最も重要な部分です。自らの道を如何に切り開いて行くのか、推進力の強弱を示します。車に例えるとエンジンといえるでしょうか。主運は基本的な性格はもちろんですが、その人の内に秘めたる本性、仕事運にも大きな影響を及ぼします。社会秩序に於いての立ち位置や役割のほか、天運と初運との五行の関係も非常に大事ですから、姓名判断では要となる部位といえます。

 

地運:地運とは名前の合計数ですね。主に若年期の運勢を司りますので、大人になってからはあまり重要では無い、と初運を軽視する考えも見受けられます。しかし、健康運、金銭運、家庭運、恋愛運、異性との相性、趣味趣向など、その人の人となりを表わす大切な部分です。また、若く勢いのある内にどれだけ人生のスタートダッシュをできるのか?それを計る意味でも決して蔑ろにはできません。一字名の場合、霊数を用いずに画数を出して判断します。

 

外運:姓の上の字と名の下の字の合計数です。三字姓、三文字の名前の場合、姓の上二文字と名の下二文字の合計になり、三字姓、一文字の名前の場合は、姓の上二文字と名前の文字の合計数で判断します。周囲に対してどう接するのか?周囲からの評価は?どのように見られているのか?など対人運の吉凶を表します。自力ではどうしようもない外的な要素も含めて、恋愛運、相性にも影響を与える大切な部位になります。

 

総運:総運とは姓名の合計数ですね。若年期の運勢から晩年にどの様な境遇を得られるかまで、その人の生涯を占う上で最重要視すべき部分です。凶数だからといって慌てる必要はありませんが、「女性は結婚して名前が変わるからこだわらなくて良い」「総運は後半生を表すのもので晩年までは余り影響はない」などと軽くみるべきではないでしょう。赤ちゃんの名付けで迷ってしまい、どうしても決められない場合、初運と総運だけでも吉数になるようにすると良いでしょう。

 

三才配置について

 

三才配置とは、天運・主運・地運の各運を五行(木・火・土・金・水)に変換して表した状態を指します。

 

木行の画数 1・2・11・12・21・22・31・32…
火行の画数 3・4・13・14・23・24・33・34…
土行の画数 5・6・15・16・25・26・35・36…
金行の画数 7・8・17・18・27・28・37・38…
水行の画数 9・10・19・20・29・30・39・40…

 

天運・主運・地運の五行の並び方で吉凶を判断します。

 

主に、天運→主運、主運←地運、この様な流れを注視しています。

 

主運の五行に対して、天運と地運の五行がどのような作用を及ぼしているかを見る訳ですね。

 

三才配置については、各流派の秘伝ということではないのでしょうが、全く触れていない書籍や流派も見受けられます。

 

無論、三才配置の記述の有無を理由に、各流派の考え方を否定するつもりはありません。

 

しかし、三才配置の並び方は、運勢の安定感に決定的な違いを生じさせると考えています。

 

加えて、健康運・金銭運・仕事運にも大きな影響があるため、当方では画数と同様に重要な鑑定項目としています。

 


スポンサーリンク