姓名判断 改名

何故か?結婚後に苦労してるんですけど…

 

言うまでもなく

 

21画・23画・29画をお持ちの女性全員が、横暴な独裁者の如く、周囲を困惑させる人物ばかりではありません。

 

結婚後に画数が21画・23画・29画になり、慎ましく暮らしているにもかかわらず、悩み事が尽きない方もおられるでしょう。

 

考えられる原因の一つに「画数が変わった」ことが挙げられるかと思います。

 

婚姻届を提出し、様々な手続きを経て、社会的にお名前が変わりますよね。

 

基本的に、地運以外は変わることが多いのではないでしょうか。

 

吉名→吉名に変わる方は相当な強運の持ち主ですが、多くは姓名判断の観点で支障が出てしまいます。

 

トップページにも書きましたが、吉数のみで構成されているお名前の方は少ないです。

 

何かしらの凶数をお持ちの方が大半になります。

 

ただ、凶数があったとしても、物心がついてから大人になり結婚するまでに、凶意に対する対処法や忍耐力を身に付けているのです。

 

それが画数が変わることで凶意も変わり、どう対処して良いか分からずに、悩みを深めてしまうわけです。

 


スポンサーリンク


 

 

 

例えば、主運12画→主運14画に変わった場合

 

主運12画の特徴は、虚栄心・神経質・中途挫折などですが

 

主運14画の特徴は、過度な自己愛・気苦労・不平不満などになります。

 

両者は似たような部分もありますが、やはり別物です。

 

結婚後、年月とともに自分なりの対処法を身に付けていくと思いますが、凶数→凶数ですから、悩みが軽減されるわけではないのでしょう。

 

また、吉数→凶数に変わった場合は、今まで上手く行ってたことが暗転する可能性が高くなります。

 

耐性が無いだけに、余計に辛く感じるかも知れません。

 

他にも、画数が変われば、パートナーとの「相性も変化」します。

 

生年月日を基準にした相性は変わりませんが、姓名判断による相性は(画数が変われば)変動することになるでしょう。

 

相性は、生年月日から導く宿命のほうが比重は大きいと考えていますが、

 

毎日顔を合わせる相手との相性が弱くなって喜ばしい理由はありませんよね。

 

 

 

 

結婚して名前が変わる、それはつまり、法的根拠に基づく「改名」になります。

 

結婚後に「21画・23画・29画」をお持ちになり、苦悩が絶えない方は

 

後家運と言われている「21画・23画・29画」だけが悪いのではなく

 

今までとは違う凶数の保有

 

三才配置の乱れ

 

警戒すべき画数の配列

 

宿命との齟齬など

 

姓名判断の観点から、何らかの問題が生じているのではないでしょうか。

 


スポンサーリンク